本当に困った時だけ使おう

頻繁に使わないことを意識しよう

何度も使うと、クレジットカード現金化をしていることがカード会社に知られてしまいます。
するとカードを利用できなくなりますし、社会的な信頼を失うリスクがあります。
社会的なリスクが低下すると、様々な面でデメリットを受けます。
まず金融機関から、お金を借りられなくなることが多いです。
クレジットカードにもお金が残っていなくて、本当に困ったら金融機関に相談しようと考えている人が見られます。

しかし金融機関は、信頼できる人にだけお金を貸しています。
社会的な信頼が低下している状態では、お金を借りられない可能性が高いです。
また車や住宅など高額な買い物をする時に、妨げになることがあります。
自分の社会的な信頼を、守ってください。

リスクの低い方法を使おう

商品をクレジットカードで買って転売する方法は、大量にブランド品を買わなければいけません。
カード会社は、その人が何を購入したのか把握できます。
一気にブランド品を買うと、怪しまれることが多いです。
ですから、カード会社に知られるリスクが高いと思ってください。
リスクが低い方法を選択するなら、業者に査定を任せるのがおすすめです。

信頼できる業者に査定を依頼すれば、カード会社も気づかないので安心です。
業者の中には、個人情報の扱いが雑なところもあります。
そんなところに任せると、自分の情報が流出してカード会社に知られるどころか、悪い人に悪用されてしまうかもしれません。
厳重なセキュリティーで個人情報を守っている業者を使いましょう。


この記事をシェアする